守谷市のパーソナルトレーニング&フィットネス

強すぎるストレス社会。

「闘争・逃走反応」という言葉をご存知でしょうか?

これは自律神経の働きで、不安や恐怖などのストレスを感じると体内からアドレナリンが分泌され、呼吸が速くなり、心拍数は増し、「戦うか逃げるか」という行動を起こす準備することを指します。

「闘争・逃走反応」は危険から身を守るために必要な生理的反応なのですが、近年は、強すぎるストレスにより、この反応があまりにも強くなってしまう傾向にあります。

ストレスが疾患を引き起こすメカニズム。

長期化するストレス状態・ストレスへの耐性低下

闘争逃走反応が続くまたは頻繁に繰り返される

血圧や心拍数などを含む心身の「活発な働き」に対して適切な休息が取れない(活動と休息のアンバランス)

休息ができない中でも続く「活発な働き」によりエネルギーを消耗しすぎて疲弊

抵抗力が衰える

不安やうつのような精神状態や胃潰瘍などの消化器障害を引き起こす。

ヨガセラピーで過緊張状態から抜け出す。

動悸・発汗・下痢・腹痛などの症状が不適切な状況下で生じる場合や頻繁に生じる場合、日常生活に支障をきたすほど不安が強く続く場合は要注意。自律神経のアンバランスを伝える、体からのサインかもしれません。

ヨガセラピーではサポート道具を使って楽な状態で過ごします。体と心に「安定した状態」を体験させることで過緊張状態から抜け出すことを目指しましょう。コロナ禍における不安やストレスケアにもお勧めです。

よくあるご質問。

  • 運動経験が全くないのですが?

このクラスは心と体を休息させる時間です。体力や運動経験・体の柔軟性も全く必要ありませんので安心してご参加ください。

  • 病気の回復期ですが参加できますか?

状態に応じてご案内しますので一度、お問い合わせください。回復期の「心」にはヨガセラピー、「体」にはストレッチヨガを取り入れるといいかもしれません。

  • 男性ですが参加できますか?

年齢や性別は関係なくご参加いただけます。

  • 当日キャンセルできますか?

連絡をいただければ、当日のキャンセルも可能です。ご遠慮なくご相談ください。